前へ
次へ

離婚裁判と離婚の関係は

離婚をしてみたけども、円満に終了したということもあるでしょう。実は夫婦の多くは、離婚をしたとしても円満に解決しています。しかし、中には離婚をしても円満に解決しないようなこともあり得ます。例えば、お金が関係している場合がこれにあたります。人間はお金に対して欲が強く、相手からとれるものなら取りたいと考えるはずです。夫婦関係が円満ならば、そこまで考えることはありませんが、男女の関係として破たんしている場合相手からとれるものはとってやろうと考える人も出てくるわけです。この場合、慰謝料請求をすることになるでしょう。慰謝料請求をする場合には、離婚裁判の場で行うのがよいです。そもそも離婚裁判とは、お金に関することで争われることがほとんどになりますので、まさしく慰謝料請求をする場面がこれに該当するといっても過言ではありません。結果的に、3カ月から4カ月ぐらいの時間はかかりますが、最終的に証拠があれば慰謝料請求が可能です。

Page Top