前へ
次へ

離婚裁判を起こす場合

離婚調停がうまくいかなかった場合、離婚裁判を起こすことになりますが、その際には書類など作成をしなければいけないものがたくさんあります。自分1人では対処をすることができないかもしれません。書類でのやり取りが多くなってくる、ということもあるので、法律の専門家に介入をしてもらうのもよいでしょう。一般的には弁護士に相談をするという人が多いですが、弁護士の場合には報酬も高額なので離婚後の生活のことを考えると、中々依頼をすることができません。そこで行政書士や司法書士などに相談をする、ということを考えてみるとよいでしょう。裁判の場で弁護士と同じ仕事をするわけにはいきませんが、書類の作成のプロなので的確な書類を作成してくれます。また提出期限を厳守してくれるという安心感もあります。弁護士の場合には提出期限を守らない場合も多いので、印象も悪くなってしまいます。離婚裁判はかなりの労力を使うので、出来るだけ避けたほうがよいでしょう。

Page Top