前へ
次へ

不倫で離婚裁判にかけで証拠とは

不倫をする場合には、離婚裁判を覚悟しておかなければいけません。逆に不倫をされた側は、思い切って離婚裁判をして慰謝料をとってみてもよいでしょう。しかし、いくら慰謝料を請求するといっても、何の証拠もなければ請求することすらできません。つまり離婚裁判で勝つことができないわけです。ではどのようにしたら離婚裁判に勝つことができるかといえば、明確な証拠が必要になります。明確な証拠とはどのような証拠かといえば、一番良いのは不貞行為をしている場面を映像や写真などで撮影することです。しかし実際にそのようなことは難しくプライバシーの問題も配慮すると、そこまで行うことはできません。では証拠を提出することができないかといえばそのようなことはなく、二人でホテルに入る場面を写真で撮影した場合や動画で撮影した場合も立派な不倫の証拠になります。ホテルに入ったけども何もしていませんという言い訳はできないからです。しかも何回か別の日に撮影すれば完ぺきな証拠になりえるでしょう。

Page Top