前へ
次へ

夫婦の話し合いが離婚裁判にまで発展するとき

なんとも悲しい話ですが、たとえば一生いっしょにいようと約束をして結婚したにもかかわらず、なにかの事情で離婚にまで話が発展してしまった場合、そこには崩すことのできない分厚い壁が立ち塞がることもあります。離婚の原因にはさまざまなものがあり、一朝一夕には解決できないものもあるでしょう。夫婦二人の話し合いで済むこともありますが、そうでない場合には第三者を介入させなければならないこともあるわけです。そして、離婚裁判にまで進んでしまうケースも、今の時代ではけっして珍しいことではありません。単純に離婚裁判と言っても、いきなり裁判に持って行くことはなく、裁判をするにあたってはあらかじめ調停をしておかなければならないわけです。基本的には離婚調停をした上で、話がまとまらなかった場合に離婚裁判になるという流れになります。離婚裁判には定められた書類を提出することが必要です。もちろん、裁判には離婚に詳しいプロの弁護士に依頼することが必要でしょう。

Page Top