前へ
次へ

離婚裁判の証拠提出を行う

離婚の原因が不貞行為だった場合、離婚裁判を起こすことになれば確実な証拠が必要となります。不貞行為をした配偶者だけではなく、その相手にも慰謝料請求を行うことができます。実際に離婚裁判の席に出廷をしてもらうことに抵抗を感じるかもしれませんが、場合によっては出廷を求めることも可能です。不貞行為が原因ということであれば、出来るだけ多くの証拠を保管しておくべきでしょう。探偵などプロに証拠集めを依頼することもできますが、プロに依頼をするとまた費用がかかってしまいます。メールのやり取りだけでも証拠になるので、関係性が分かるようなものを証拠として提出出来るようにしておくとよいでしょう。実際、不貞行為が理由で離婚をする夫婦も多いです。慰謝料の金額でもめることも多いです。気持ちとしてはいくらでも請求したいということでしょうが、限度があるので一般的な金額になってしまうことが多いです。証拠があるのとないのとでは裁判の席での印象も変わってくるので、証拠は重要です。

Page Top